English

アンティークの木の扉

初めて路面店を開くとなると、やはり一番最初に考えるのが、入り口。
そう、扉です。

ガラスの扉にしようか、木製の扉にしようか、、、

色々と悩んだ末、見つけた日本のアンティークの木製扉を直して設置することに。

アンティークの木の扉の補強

まずは板材を補強し、できる限り枠の歪みを補正

アンティークの木の扉を塗装

イリーヴァの木の色にオイルステインを

扉のオリジナルの真鍮金具

オリジナルの金具を戻して

真鍮のドアベル

ドアノブに合わせて真鍮のドアベルを付けて

イリーヴァ夫妻の自宅もそうなんですが、昔の日本の扉のノブって小さくて可愛いですよね。よくコメントをいただきます。

これで完成だと思ってたんですよ。

少なくとも出来上がって一月位は、大満足だったんです。

「ガラスはめてみようか?」と誰からともなく言い始め、、、

ガラスをはめたんです。

また暫くの間は、大満足だったんです。

「ガラスもう少し大きくてもよかったかもね?」と誰からともなく言い始め、、、

そして、また暫くの間は、大満足だったんです。

「どうせだったらさー、、、」と誰からともなく言い始め、、、

ガラスをはめたアンティークの木の扉

最初にガラスをはめた状態。

アンティークの木の扉の窓を広げる

穴を広げて、、、

一回り大きなガラスをはめたアンティークの木の扉

一回り大きなガラスをはめたんです

アンティークの木の扉

今度は枠もちょっと格好つけようと

アンティークの木の扉

カンナ屑も綺麗

アンティークの木の扉

これが現在の姿!

アンティークの木の扉とオリジナルの真鍮のキーホールカバー

ドアノブに合わせて、キーホールカバーも、Mayaが真鍮で作りました。

一番上の写真、少しわかりにくいですが、扉のほとんどガラスになったので、下のガラス越しには時々看板犬のレインが見えるんです。

始めに「ガラス」と「木」で悩んでいて、

たどり着いたのは、「木の温もり」と「ガラスの開放感」両方の長所のいいところ取り。

思いついたらやってみる。

気になったらすぐに手を入れる。

手作りの店だからこそ、自分たちで作っている店だからこそできるコトです。

さーて。今イリーヴァはどんな大工仕事をしているでしょうか?

出来上がったらまたここで紹介しますね。