English

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪と婚約指輪の違い

  • なぜ二種類あるの?
  • 両方なくてはいけないの?
  • それぞれどういう意味があるの?

などの疑問を持っている方が多いようです。

もともと、国や宗教によって風習が異なりますし、日本では古来からある風習とは言い難い部分もありますので結婚指輪と婚約指輪のおおまかな意味と現在の日本における一般的な風習をここでは説明いたします。

近年では、結婚式のあり方や形態も様々になっていますし、結婚観そのものも人それぞれになっています。結婚指輪も婚約指輪もその意味を捉えた上で、各々の考え方のもと自分たちの意味を込めていいものだと私たちは思っています。

結婚指輪の意味

結婚指輪は男女が結婚している事を示す指輪です。

第三者に誤解を与えない為という意味もありますし、二人の永遠の誓いを表すものでもあります。

結婚式の最中に交換される指輪はこの結婚指輪です。

長い間毎日身につけるものですので、飽きがこなく普段使いしやすいデザインや長持ちする素材を求める方が多いです。

通常は長持ちの観点からK18(18金)かプラチナの指輪を選ばれる方が多く、プラチナは白金と呼ばれる程限りなく白に近い金属のため、「純粋」の象徴として選べれる方も多くいます。

最近では、一般的な結婚指輪の概念にとらわれず「シンプル」なものにこだわらないで自分達を象徴する個性的なデザインで「自分たちらしい」を追求する方も増えていますし、共通項を持たせた上で男女異なったデザインでお作りする方も増えています。

また同じデザインでも男性は太めに作ることが多く、18金の色味を変えたり片方が18金で片方がプラチナでお作りする事も多々あります。

イリーヴァ・ジュエリーでは、沢山の指輪から選んだものにオプション(一部有料)でアレンジできるセミオーダーから完全オーダーメイドの結婚指輪まで、表参道の開放的なアトリエショップで作り手である女性デザイナーがスケッチをしながらお二人と一緒に特別な指輪を作り上げて行きます。

ご自分たちにとっての結婚指輪とは何かを今一度考えてみると、指輪選びが一層楽しくなります。

婚約指輪の意味

婚約指輪はプロポーズを受け入れた女性が、既婚者ではないけれど婚約をしている事を示す指輪です。

男性が女性に対して自分の気持ちと覚悟を表すとともに、女性のご家族やご友人に対してもまた気持ちと覚悟を表すことにもなります。

彼氏として最後に贈るプレゼント

イリーヴァ・ジュエリーでは、「男性が彼氏として最後に贈るプレゼント」と捉えています。
もちろん結婚式は新郎新婦にとって幸せに絶頂の日ですし、二人での幸せは生涯のものです。
現実的な事を差し置いて、最高にロマンチックな気持ちになれるのは、サプライズか否かを問わず、やはり婚約指輪を渡す瞬間です。

プローポーズのリング

「結婚してください!」と云う時にパカっと開けた箱に入っている指輪が婚約指輪です。

日本では年々と婚約指輪は一緒に買いに行くというカップルが増えていますが、イリーヴァの生まれ故郷アメリカではまだまだサプライズが主流です。
男性の「がっかりさせたくない」と云う気持ちや、女性の「せっかく高価なモノをもらうのなら自分が満足のいくものを」と云う気持ちも当然です。結婚指輪の項でも触れましたが、男性がサプライズで選ぶのか女性と一緒に選ぶのかもお二人のライフスタイルやお付き合いの仕方だと思いますので、プロポーズをお考えの男性はサプライズや彼女を指輪選びに誘う前に今一度お二人の関係を考えてみるのも良い事だと思います。

それほど高価でない指輪を「プロポーズリング」としてプロポーズし、後日一緒に婚約指輪を選ぶと云う方も増えています。

結婚指輪と婚約指輪の重ね付け

生活スタイルにもよりますが、婚約指輪はもちろん結婚した後も身につけて良いものです。日頃結婚指輪と重ね付けされる方も多いですし、ご親族やご友人の結婚式などの華やかな席にされる方や結婚記念日などのお二人にとって特別な日にお着けになる方もいます。

結婚指輪と婚約指輪は婚約指輪を外側にして重ね付けするものです。
結婚指輪をお作りする時は、婚約指輪と重ね付けしやすい指輪をお作りする事をお薦めします。

ダイヤモンドと婚約指輪の関係

ダイヤモンドは地球上の天然の素材で一番硬いことから、そしてクオリティーの高いダイヤモンドは無色透明で混ざり物がないことから永遠の愛の証として広く婚約指輪に取り入れられています。

高価なダイヤモンドはとても高価ですし、クオリティーが良くても小さいダイヤモンドは目が飛び出る程ではありません。

自分達にとって何がいいダイヤモンドであるかを決め、ご予算を決めてご相談いただければ、ご希望のダイヤモンドをお探ししていくつかの中からお選びいただくことができますので、お気軽にお問い合わせください。

ダイヤモンド以外の婚約指輪

「婚約指輪=ダイヤモンドの指輪」と云う考えから離れダイヤモンド以外の貴石や半貴石で婚約指輪をお作りになる方もたくさんいらっしゃいますし、最近ではクオリティーが高いという意味の希少性ではなく個性としての希少性からナチュラルダイヤモンドで婚約指輪をお作りになる方も増えています。

ローズカットダイヤモンドの婚約指輪

キラキラよりも優雅な照りとダイヤモンドの透明感を追求したローズカットダイヤモンドの婚約指輪と重ね付けできるようお作りした結婚指輪
オーバルカットダイヤモンドの婚約指輪

オーバルカットダイヤモンドの婚約指輪