English

ダイヤモンドのクオリティー 4C

カット [研磨]

四つの品質基準(4C)の中で、唯一人間の技術により左右される領域です。
カットのグレードが高いほど、ダイヤモンドの輝きが増します。

ダイヤモンドの4C カット

ブリリアントカット* に対して5段階で評価されます。
ご要望が特にない限り、イリーヴァ・ジュエリーではEX以上のダイヤモンドを使用しています。

*ダイヤモンドの屈折率などを考慮に入れ、ダイヤモンド研磨の長い歴史の中で培われた技術により「ダイヤモンドが一番輝く研磨方法」。
ラウンドシェープとも言われる、ダイヤモンドと聞いてまず思いつく形です。
ファンシーカットと言われるその他の形(四角、楕円、しずく型等)のダイヤにはこの評価は通常適応されません。

カラット [重さ]

カラットは、ダイヤモンドの重さを測る際の単位です。1カラットは約0.2g。
「重い=大きい」と云う事になりますが、カットの仕方により見た目の大きさは変わってきます。
カットの状態の良いブリリアントカットにおいての見た目の大きさ(直径)は下の通りです。

ダイヤモンドの4C カラット・サイズ

*写真は実寸ではありません。

カラー [色味]

特に発色が綺麗なファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれるモノを除くと、Dカラーの無色のダイヤが一番希少価値があり、美しい輝きを放ちます。
イリーヴァ・ジュエリーのブライダルでは、特にご要望がない限りJ以上ダイヤモンドからご予算にあったものをご提案しております。

ダイヤモンドの4C カラー

*無色透明よりも色味がある方が個性がありお好きと言う方もいらっしゃいます。

クラリティ [透明度]

クラリティはダイヤモンドの内包物や傷の程度を評価し11段階に等級付けされます。
内包物に自然の産物として愛着を感じる方もいらっしゃいます。
イリーヴァ・ジュエリーは特にご要望がない限り、VS以上を使用しています。

ダイヤモンドの4C クラリティ

※鑑定書はダイアのみに適用され、その品質をあらわす4Cが表示されます。 また、鑑定書は発行元の鑑定機関により基準が異なります。
※鑑別書はダイアを含む全ての石について天然の石か合成の石か検査結果が記載されます。

ダイヤモンドの4C カット

ダイヤモンドの4C

  • Cut-カット
  • Carat-カラット
  • Color-カラー
  • Clarity-クラリティー

ダイヤのクオリティーはこの4Cと云う品質基準で評価されますが、イリーヴァは出会いを大切にしています。大事なのは「ダイヤモンドを見た時のときめき」と「価格」のバランスです。

4つの品質基準がすべて高いダイヤモンドがグレードの高いダイヤモンドと云う事になり、高価なダイヤモンドです。
好みは十人十色ですので、私たちの役目は、お客様がときめくダイヤモンドをお探しする事です。

  • 「何よりも大きさが重要」
  • 「予算内で出来るだけ大きなダイヤが欲しい」
  • 「大きさよりも輝きが大切」
  • 「愛着の持てる個性的なダイヤモンドが欲しい」
  • 「色味は個性だと思う」
  • 「何億年もの間ダイヤに綴じ込まれた気泡や内包物にロマンを感じる」
  • 「4Cも気になるけれど、何よりも形が優先」

ご自分にとっての「ときめきポイント」をお知らせください。
イリーヴァ・ジュエリーでは、お好みのダイヤモンドを探すところからお手伝いしています。

イリーヴァ・ジュエリーのブライダルのページ

お作りしたオーダーメイドの一部

4C以外の話Shape(シェイプ)

一般的にダイヤと言って思い浮かばれる形はラウンドブリリアントカットと呼ばれるカットです。 その他のカットは一般的にファンシーカットと呼ばれています。

ブリリアントカット
宝石の輝きを引きだす為のカット
ラウンドブリリアント
最も一般的なカット
ハートシェイプ
ハート形のブリリアント
ペアシェイプ
雫形のブリリアント
オーバルカット
楕円形のブリリアント
マーキースシェイプ
縦長の楕円形の両点が尖ったブリリアント
ステップカット
素材の良さが要求されるカット。段々にカットし、上下とも平坦部分を残した透明感のある輝きを表現する。
エメラルドカット
エメラルドの代表的なカット法
スクエア
正方形のステップカット
バゲット
長方形のステップカット
テーパー
台形のステップカット
プリンセスカット
真上から見ると正方形で、底面にブリリアントカットを施した比較的新しいカット法
ローズカット
素材の良さが要求されるカット 底面が平坦でドーム状にカットしてあり、虹色の輝きは少ないが、白色光の輝きの強いカット法

その他にも星や蝶など様々な形にカットされたダイヤがあります。